デート 恋愛テクニック

アスペルガー男性が女性をデートへ誘う場合

デートへの誘い方

アスペルガー男性が女性をデートに誘うときには、細心の注意が必要です。

相手がデートの誘いを断ってきても、拒絶されたという気持ちにならないように自分を守らなくてはいけません。

もちろん決して断られない誘い方はありません。

女性が断る理由も、もう恋人がいるとか、単に今はだれとも付き合いたくないなど理由はさまざまです。

それでも断られるとやはり傷つきます。

拒否されたという思いから免れることは簡単ではありません。

ただし、そっけなく断られない方法はいくつかあります。

スポンサーリンク




職場

職場で恋愛関係を築くには十分に注意しましょう。

「公私混同」は禁物なばしょです。

一方、職場で知り合ったカップルには仕事という強い共通項があるため、非常にうまくいくケースが多いです。

仕事を通じた結びつきには共通の関心ごとが追加され、話題や意見の分かち合いが増えます。

同僚の女性をいつどのように誘ったらよいのかを考えると最初は難しいと思うかもしれませんが、実際はそれほどでもありません。

同僚の場合、何となくあたりさわりのない方法で誘えます。

例えば、ランチタイムにコーヒーや軽食に誘ったり、仕事の後ちょっとし飲みに行こうと言うチャンスはいくらでもあります。

こういった誘いは友好的かつ気軽な雰囲気で行う限り不適切だとは思われません。

休憩時間に一緒にコーヒーを飲んだり、昼食を共にすることで互いをもっと知るきっかけが得られます。

共通する興味があるかどうかもわかります。

上手くいきそうだと思ったら、さらに一歩を踏み出し、改めて食事や飲みに誘うことができるでしょう。

もしコーヒーや仕事帰りの一杯に誘っても彼女が辞退したり、言い訳をしながら断ってくる場合は「じゃあ、いいよ。」といって話題をかえてください。

仕事の話などがいいでしょう。

断る理由を聞きたい、また誘いたいと思うかもしれませんが、我慢しましょう。

嫌がらせをしてると思われてしまいます。

SNSや趣味のサークル

アスペルガーであるかどうかに関係なく、共通の興味がある相手とは親しくなりやすいものです。

趣味のサークルなどは絶好の出会いの場です。

ダンスのレッスン、ウォーキング、その他の様々なグループ活動からカップルが生まれています。

このような場では時間をかけて信頼関係を築き、お互いをよく知ることができます。

付き合いを始める前に、友達として過ごす時間が与えられます。

友達以上の関係を求めるなら、グループ活動やサークル以外の場所で会うことになります。

「共通の興味を楽しみながら相手のことを知る機会になればいいし、先のことは様子をみていこう」という率直なアプローチができるでしょう。

彼女は承諾するかもしれませんし、しないかもしれません。

しかし返事がたとえノーでも、あなたはそれを尊重し、嫌がらせや恨みがましいことをしない限り、グループの中で友達としていられるはずです。

あなたが望むなら新たにパートナーとなる人を探すこともできるでしょう。

-デート, 恋愛テクニック
-,